MENU

アルコールとの付き合い方

一般に酒は百薬の長といわれますが、これはお酒と上手に付き合ってこそいえること。
家族や友人との団らんに花を添えるお酒も、ほどほどできり上げなければ事故や万病のもととなるのです。


スポンサードリンク

そこで、酔いの程度を見ながらお酒のやめどきを判断するよう心がけることが大切です。
お酒を飲み気分が爽やか、皮膚がほんのり赤くなる、陽気になる程度が爽快気。
健康的に飲んでいる状態です。


その後、抑制が取れ、理性が弱まり、体温が上がり、脈が速くなってきたらほろ酔いの初期。
このほろ酔い初期の状態になったらお酒をやめるサインです。
この状態からさらに飲み続けるとトラブルを起こしやすくなります。


お酒は高カロリーなので、肥満を引き起こし、生活習慣病を招くなどの弊害もあります。
ほどほどのサインにしたがって、適量のアルコール摂取で終了するのが健康的な飲み方です。


厚生労働省の研究

厚生労働省の研究班が、40〜50代の男性2万人について、飲酒と脳卒中発症の関連について11年間追及した報告によれば、1日平均3合強のお酒を飲む人は、つきに1〜3回程度飲む人に比べると、1.6倍の確立で脳卒中になりやすい。


1日平均1合未満のお酒を飲む人は、時々飲む人に比べて脳梗塞にかかりにくい、、、などの結果が出ています。。脳卒中はもちろん、その他の病気へ配慮も加えると、1日の酒量は1号未満にすることがおすすめです。



脳梗塞を予防するサプリメントはこちら

関連ページ

脳梗塞の危険因子・原因
脳梗塞の危険因子や原因をしっかり頭に叩き込もう!
脳梗塞予防のポイント
脳梗塞予防にはまずこのコツを知ろう!
水分補給が重要!
脳梗塞は水分補給が大事!
運動は薬
脳梗塞予防に運動がおすすめ!
規則正しい生活習慣・睡眠が大事
生活習慣改善・睡眠時間の見直しで脳梗塞を予防しよう!
ストレスは大敵!
脳梗塞とストレスの関係
脳梗塞を予防するサプリメント
脳梗塞予防効果のあるサプリメントはこれ!
脳梗塞予防する体操・運動
体操や運動でしっかり脳梗塞予防
脳梗塞を予防するお茶
脳梗塞を予防するお茶ならこれがおすすめ!