MENU

健康診断の検診結果がグレーゾーンでも油断禁物

メタボイラスト

最近、メタボリックシンドロームに対して注意を促す声が高まっています。
メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪型肥満にくわえ、血糖値や血圧、血中脂質などがわずかに正常値から外れている状態のことを言います。




動脈硬化を起こす危険因子の代表は、

  • 肥満
  • 糖尿病
  • 高血圧
  • 高脂血症

これらの4要素を併せ持っていると、動脈硬化が進行し、心筋梗塞や脳梗塞を発症する危険が高まります。


ところが最近では、肥満(BMI25以上)、糖尿病、高血圧などと診断されていなくても、軽度の異常が重複することで動脈硬化が進行し、心筋梗塞や脳梗塞の危険が高まるということがわかりました。




スポンサードリンク

特にメタボは、脳梗塞予備軍であり危険信号!

これまでなら、血圧が高め、糖尿病予備軍、太り気味、などといわれ、まだ病気ではない、病気予備軍とされたグレーゾーンの人に対しても、ウエストが男性85cm以上、女性90cm以上に加え、

検診結果の血圧が、、、

最高血圧が130mmhg以上
最低血圧が85mmhg以上
のいずれか、または両方

検診結果血糖値が、、、

空腹時血糖110mg/dl以上

検診結果の中性脂肪値、コレステロール値が、、、

中性脂肪値150mg/dl以上、
HDLコレステロール値40mg/dl以上
のいずれか、または両方

これらの3項目なかで2項目以上該当する場合は、メタボリックシンドロームとされ、
動脈硬化の進行をおさえるケアが必要とされています。


健康診断の結果が、「血圧が高め」「太り気味」など、グレーゾーンの評価が出たら、
「まだ大丈夫」ではなくすぐに生活習慣を見直しましょう。



脳梗塞を予防するサプリメントはこちら

関連ページ

隠れ脳梗塞に注意
隠れ脳梗塞をいますぐチェックしよう!
脳梗塞前兆・前触れ
脳梗塞前兆や前触れについて知ろう!
脳梗塞の後遺症
脳梗塞の後遺症はとても大変!
脳梗塞の薬や副作用について
脳梗塞患者が処方される薬について