MENU

命が助かっても残る後遺症

車椅子イラスト

脳卒中とは、脳の血管が詰まったり、血管が破れて出血するなど、脳血管のトラブルにより突然いろいろな症状が現れる状態すべてを指します。
脳の血管が詰まることをさすだけなら脳梗塞と呼びます。


脳卒中は人それぞれ違う状態で発生するので、症状の程度もさまざまです。
また、脳のどの部位が障害されたかによっても症状は変わります。


右大脳の場合、

左半身の運動、感覚、視野に障害が現れ、左側のからだおよび空間や手に触れるものの形を認知できないなどの症状が現れます。


左大脳の場合、

右半身の運動、感覚、視野に障害が現れ、失語症(しゃべれない)などが現れます。


また、小脳の脳卒中の場合、手の震え、姿勢の異常、歩行障害、言葉の発音が不明瞭になるなどの障害が、脳幹の脳卒中では、ひどい場合には、突然こん睡状態になる、両手足が麻痺して全く動かなくなることがあり、呼吸状態が悪くなると死亡することもあります。


医療技術の進歩により、脳卒中から死に至るケースが少なくなってきているといわれています。
しかし、究明されても前述のような後遺症が残る場合が良くあります。


スポンサードリンク

脳卒中・脳梗塞の症状


意識障害

意識がハッキリしている場合から、こん睡状態まで、さまざま。
初めは意識がしっかりしていても、徐々にもしくは突然悪化することもある。


運動障害

障害された脳の反対側の手足や顔面に麻痺が起こる。
片麻痺と呼ばれる左右どちらかの半身麻痺が多いが、四肢麻痺となることもある。


感覚障害

しびれ感、触った感覚がなくなる。


視野の障害

左右どちらか半分または4分の1だけ見えなくなる。


感情の障害

感情のコントロールができなくなり、悲しい、楽しいと感じていなくても泣く、笑うなどする。


言語障害

言葉が出てこない、他人の言うことが理解できない、コミュニケーションが取れない状態の失語症、口や舌の麻痺による発音がしにくくなる構音障害が起こる。



脳梗塞を予防するサプリメントはこちら

関連ページ

隠れ脳梗塞に注意
隠れ脳梗塞をいますぐチェックしよう!
脳梗塞前兆・前触れ
脳梗塞前兆や前触れについて知ろう!
メタボは脳梗塞の危険信号
検診の結果でメタボといわれた、、、
脳梗塞の薬や副作用について
脳梗塞患者が処方される薬について