MENU

血液サラサラ食品を食べよう

魚の脂肪は、肉とは違い、コレステロール値を低下させる不飽和脂肪酸EPAやDHAを多く含んでいます。
特に青魚と呼ばれる、はまち、イワシ、さばなどはEPAやDHAが豊富です。


スポンサードリンク

おすすめは青魚!

魚の脂肪は肉と比べ、比較的低カロリーで太りにくい脂肪なので、たんぱく質として毎日の食生活に取り入れたい食材です。
しかし、不飽和脂肪酸は酸化しやすいという欠点があるため、鮮度の落ちているものは避け、新鮮なものを早めに食べるようにしましょう。
特に干物は、新鮮なものを選ぶよう注意しましょう。


魚を食べるときは、肉と逆に脂肪をつけたまま食べることで、効率よく栄養素を吸収するようにしましょう。
栄養分を逃さずに摂るもっとよいメニューは、調理で脂肪を損失しない刺身やホイル焼きなどの調理法です。


ただし不飽和脂肪酸を多く含むとはいえ、脂肪は脂肪です。
過剰摂取をしては、摂取エネルギーオーバーになり、体内に脂肪を蓄積してしまいます。


旬の魚を食べて、EPAやDHAをとる食生活を実施しましょう。



脳梗塞を予防するサプリメントはこちら

関連ページ

脂質は質にこだわって適量摂取
サラサラ血液になるための脂質とは?
脂肪の少ない肉類
脂肪の少ない肉類選んでますか?
大豆はしなやかな血管をつくる
大豆は脳梗塞予防に良い!
野菜・海藻類でコレステロールを調節
野菜や海藻類はコレステロール値を下げる食事